HOME 会社案内 施工実績 海洋深層水 塩・苦汁 アクセス
| 個人情報保護方針お問い合わせ  


海洋深層水とは

海洋深層水とは 特性 取水位置
取水深度 取水船 三陸沖海洋深層水
使用商品
海洋深層水のがっこう 海洋深層水のがっこう
次回掲載予定
アラカルト


“ 海 洋 深 層 水 の 資 源 特 性 ”


海洋深層水には、私たちがふだん身近に接している沿岸の表層海水と明らかに違う4つの特徴があります。

@    清浄性(せいじょうせい)
 清浄性とは読んで字のごとく清くて汚れがない性質のことです。海洋深層水の最も利用価値の高い特徴です。海洋深層水は、人間が排出した農薬などの汚染物質やサルモネラ菌、病原性大腸菌などの病原細菌、分解しやすい有機物や濁りが少なく、私たち人間にとっても安心で安全な海水です。海洋深層水で一度手を洗ってみればよくわかります。サラサラしていてベタつかないのに驚く、これは微生物や有機物が少ないためです。細菌などの微生物は有機物を餌に繁殖します。しかし、有機物が少ないので微生物も繁殖できないのです。


A 富栄養性(ふえいようせい)
 富栄養性とは、海洋深層水が栄養豊富なことです。栄養がリッチともいいます。特に植物プランクトンに必要な窒素やリンなどの栄養素がバランスよく豊富に存在しています。海洋深層水を使えば、餌になる植物プランクトンや海藻を増やすことも可能になるのです。

B 低水温性(ていすいおんせい)
 海水の温度が冷蔵庫の中のように低く、しかも表層の海水に比べて変化が小さい。例えば、南の暖かい地方で、冷たい水温の海洋深層水を使って北の寒い地方の魚を飼ったり、北のコンブを増やしたりすることも可能になるのです。

C 水質安定性(すいしつあんていせい)   
 
 海洋深層水の上にある3つの性質は安定しています。水質安定性も重要な特徴です。例えば、海洋深層水を原材料に使うとき、海水の性質が安定していればできあがった製品の仕上がり(品質)のバラツキも小さくて好都合です。

 ふつう、この4つの特徴を海洋深層水の資源特性といっています。


| HOME |
Copyright (C) 2006 OOSAKAKENSETSU CORPORATION. All Rights Reserved